代表プロフィール

代表 平岡 瑞希
職業人としてのモットー「素直であること」

当たり前のことを、当たり前に実行する。

​助言には、素直に耳を傾ける。

そういった「素直さ」をいつも大切に、仕事をしてきました。

ファイナンシャル・プランニングの基本は「その人がどんな人生を歩みたいか」。

 

労務管理(働き方のしくみ整備、チェック)で大切なのは、

「その企業がどういった姿を目指しているか」です。

私の中に、誰かにゴリ押し(笑)したい理想は、残念ながらありません。

たくさんある選択肢の中で、それぞれの道を選ぶ理由があるはずです。

​「あなたの思いを、しっかり聴きます」

耳の大きなウサギのロゴマークは、

私がいつも大切にしていたい「傾聴」の姿勢を示しました。

​私が思う「プロフェッショナル」の条件は、

専門性の高い難解な知識を顧客にもたらすコト…ではありません。

当たり前のことを、お客様がしっかり理解できるように、

分かりやすい言葉で説明するコト。

お客様が「分かりにくい」と感じるのであれば、

それはプロである私の責任だとも思っています。

心おきなくご質問くださいね。

保有資格

​社会保険労務士

AFP(日本FP協会認定)

2級ファイナンシャル・プランニング技能士

宅地建物取引士

​行政書士試験合格(未登録)

メンタルヘルス・マネジメント検定Ⅰ種マスターコース合格

​両立支援コーディネーター

金融教育への思い

「高校に行かせる金はない」

進路を希望した中学2年生、親からかけられ続けた言葉です。

町内にある公立高校に行きなさい、と。

なんで?うちは裕福ではないけど、決して貧乏ではないはず。(父は地方公務員でした)

いさかいを続け、最後はなんとか希望の高校に行けたものの

もやもやとした思いは、就職し、結婚し、子供を産んだあともずっと残り続けました。

だから、お金に関する資格をたくさん身に着け、

節約したお金を運用に回し…銀行の残高が増えるたび、

両親を見返したつもりでいたのです。

でも、あるとき気づいたのは、

わたしの両親も、お金の教育をきちんと受けて育ったわけではないのだ、ということ。

同年代、20歳代の同僚たちは、みな

「お金のこと、知りたいけど、よく知らないんだよね」

と苦笑いしながら語ります。

みんな同じ悩みを抱えているんです。


事業主のみなさん、

あなたの会社の従業員さんはどうですか?

生活していけるだけの給与を支払っても……

将来にわたって困窮しない「使い方」「貯め方」ができているでしょうか?

給与の約30%になる社会保険……

何のために払っているのか、知っているでしょうか?

私の目標は、愛媛の大人たち、子供たちが

金融リテラシーを身に着けて社会に出ること。

金融リテラシーとは、お金についての知識・判断力です。

そして、親から子へ、子から孫へ、

そのチカラを受け継いでいってほしい。

残り49年の職業生活で、実現させてみせます!

そのほか、家族のコト、不登校のコトなど、個人ブログのプロフィールにも。

https://hiraokasr.hateblo.jp/entry/prof

掲載情報など

リビングまつやま インタビュー記事 2019.11.4

​マネタスーお金に関する疑問を専門家が分かりやすく解説 連載 2019.9~

社会保険労務士とは?

「労働法」「社会保険」など、企業における「人材(人財)」の専門家です。

働き方改革のコンサルティング、労使トラブル予防のためのアドバイスなどを行い、事業主と従業員を中立の立場でサポートします。

「年金」のエキスパートでもある国家資格です。

ファイナンシャル・プランナー(FP)とは?

くらし・お金に関わる幅広い知識を持った「家計のホームドクター®」です。​

夢や目標を実現し、かつ安心して先を見通せる家計づくりを、お手伝いします。

※「家計のホームドクター®」はNPO法人日本FP協会の登録商標です。